×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

児童福祉司 一貫田逸子のあらすじ

こんな事が現実に、どこかの町の家のドアの向こうで日常的に起こっていると考えると気分が悪くなる。

何でこんな事が平気で出来るのか?!何故誰も救おうとしないのか?!少女時代、親に虐待され餓死した友達を救えなかった過去を背負い児童福祉司となった一貫田逸子の前に、次々と突きつけられる児童虐待の厳しすぎる現実…。

現代社会が抱える闇、「児童虐待」の今に迫る渾身の社会派感動ドラマ。

私達の「見て見ぬ振り」もまた、子供を殺す暴力だ…。

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトルを入れて検索して下さい。


児童福祉司 一貫田逸子を読んだ感想(抜粋)

匿名さん

プロフィール画像

子どもは、泣くのがおしゃべり。可能な思い付くすべてをやれば、笑う。 子どもは、こうしなさいと言うと、やらない。やっちゃだめだよというと、やる。 だから、育児は知恵のだしどころ! わたしの母も、子どもには失敗体験をたくさんさせたし、痴漢にあいまくり、りょうほうあいまって対人恐怖症になり、だからこそ、子どもには才能を発揮して人生を歩んでほしくて、育児は誉めの育児をしてきた。虐待はほんのちょっとの工夫で避けられるものです?


匿名さん

プロフィール画像

怖すぎる。けど、本当は誰でもなりうるんですよね。 違う世界の話みたいに感じましたけど、 私の家の隣の子がずっと泣いていたこと 私が通告して、その子の障害が見つかったことを考えるとすぐ身近な世界、同じ世界のことなんですよね。 虐待を見つけるのもそうだけど、力にもなってくれます。何かあったら、すぐ相談してください。 漫画は怖楽しかったです。


匿名さん

プロフィール画像

すごく良かったです。現実にあることだと思うと、とても胸がしめつけられ涙がでてきましたが、漫画の描き方のバランスがとてもよくて深く考えさせられる作品です。 私も半年になる娘がいますが、子育てって本当に大変です。私は母親に暴力をふるわれたこともないし、ものすごく愛されて育ったという自覚があるくらいで、子どもが出来る前は当然のことだと感じていましたが、子どもができてからは母親が私にしてきてくれたことがいかに大変で難しいことなのかよくわかりました。 虐待は誰にでもおこりうることなのだと思います。私は両親が近くに住んでいてかなりサポートしてくれていますが、これがなかったらと思うと…100%虐待しないかと言われるとすぐに頷けないかもです… 虐待はしていませんが虐待してしまう母親の気持ちはわからなくはないです。それほど子育ては大変です。周りのサポートがあってこその子育てだと思います。


匿名さん

プロフィール画像

絵はさすがに古いものの、話に説得力があり素晴らしい。他の絵が綺麗なだけのコミックはいくらでもあるし、同様の児相物もあるが、一番読んでいて面白いし身につまされる。虐待をする側、される側、それを守りたい主人公の必死さ、その様々なケース。全て人間味を感じさせられよく練られて描かれているのがよくわかる。小難しいことを書いたけれど、子供達を見守ってやれる社会になれるように胸を熱くさせられる、それが一番のこの漫画の長所のように思う。最近の児相の現状なんかも追加で読んでみたい。


読んでみたい方はタップして下さい

≫≫児童福祉司 一貫田逸子を読む



こちらのコミックもおすすめ

まんがグリム童話 いばら姫

児童福祉司 一貫田逸子の画像です。

いばらに囲まれた古い洋館で、庭師の青年は言葉を喋れない美しい少女と出会う館に独りきりで暮らす老婆は少女の存在を知らないと言うが、少女は毎日庭師の元に現れた少女は庭師が教える言葉を、次々と覚えて行ったが…『いばら姫』 戦火に包まれた地で、未だ来ない日本で、胸の振り子が鳴り始める少し不思議で懐かしい、この主人公はあなたかもしれないかずはしともの、ちょっぴり切ないワンダーホラー・オムニバス!


怖いんですけど…

児童福祉司 一貫田逸子の画像です。

突然見知らぬ覆面男が助手席に・・・下着泥棒に盗まれた下着が手紙付きで帰ってきて・・・病院で首吊った患者さんが数年後・・・などなど、女性たちが実際に体験した恐怖の体験の数々を、ホモ漫画家・大久保ニューが他人事全開で楽しく(?)紹介!


呪いのシリーズ

児童福祉司 一貫田逸子の画像です。

死ぬほど憎い相手がいるなら呪術師のカイを訪ねてごらんたった諸Nの寿命とひきかえに、おまえの望みをかなえてくれるよ…


P.S.あいらぶゆう

児童福祉司 一貫田逸子の画像です。

父が「隠し子」と称して、亡くなった知り合いの娘・水江を家に連れてきただが高校生の息子・林太郎は父の嘘を知ってしまい、彼女に魅かれはじめた矢先…両親の転勤で彼女と二人暮らしに姉弟だと信じきっている水江に愛を告げることも出来ず、悶々とした日々が続くしかし彼女に好きな人がいるらしいと聞かされた林太郎は、ある行動に出て… 舞閧フ長編恋物語他、短編4作収録


君は唇から毒を盛る

児童福祉司 一貫田逸子の画像です。

通算10冊の読みきり集を出してきた、ベツコミで活躍中の実力派作家・尾崎衣良先生その尾崎先生が、プチコミックにて初の読みきり集を出されます!これまでも、深い心理描写で恋愛を鋭くえぐるセンスが光っていた尾崎先生ですが、「大人の女性」を主人公に据えた途端、そのセンスが更に開花!プチコミックに載った4作のよみきりはいずれもアンケートで上位を獲得し、20代が中心のプチコミック読者の心を鷲づかみにしました“愛されたくて、求められるままに身体を差し出すそれがどうしていけないの?”“勉強も仕事も、真面目に頑張ってきただけど、「恋」の仕方は誰も教えてくれなかった…”“彼が浮気した仕返しに、私も他の男と…だけど、どうして「女」だけ責められるの?”“好きだから、ずっと一緒にいるだけどどうして、一緒に暮らすと女は「お母さん」にされちゃうの?”リアルで切実な、「大人の女性」の本音読めば必ず、「わかる!」と叫びたくなり、切なさに涙し、だけどやっぱり恋って素晴らしいと思うはずそんな1冊です


児童福祉司 一貫田逸子や、他の作品を読んでみる

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトルを入れて検索して下さい。


このページの先頭へ