×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青い鳥どこへ…のあらすじ

結婚16年目。

夫と3人の子供たちに囲まれ、家も新築し、和美は幸せの絶頂にいた。

ところが間もなく、中学生の長男が家に引きこもるようになる…。

夫婦とは、家族とは、そして真の幸福とは何かを描く意欲作!!

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトルを入れて検索して下さい。


青い鳥どこへ…を読んだ感想(抜粋)

匿名さん

プロフィール画像

家族のありかたを考えさせられる漫画だと思います。無料配信を読んで続きが気になり購入しました。 同じ母として子供ときちんと向きあうことは、当たり前のことだけれど、なかなか出来ることではないので自分なら…と重ねて読ませてもらいました。


匿名さん

プロフィール画像

小説を読んでからこの漫画を読んだ方は物足りない気がします。逆に漫画を読んでから小説を読んだ方が楽しめそうだと思います。 教え子に子どもを殺されてしまいますが、その子どもたちも思春期であり、それぞれの悩みや欲を抱えています。個々の闇が重なって起こった事件ですが、読み終わると重たい気持ちになってしまうのは私だけでしょうか・・・


匿名さん

プロフィール画像

まともで良心的な子ほど、思春期には傷付くことが多いと思います。うちの親もそうだったけど、とりあえず毎日学校に行かせてれば「親が」ひと安心、子供の心は置いてけぼり…というパターンが本当に多いです。このまま引きこもってしまったら取り返しがつかないことになる!と子供を責めても、結局は子供のためじゃなくて親の都合だから、子供の心には響かない。それどころか余計に傷付ける。親も人間だから仕方ないけど、子育てって本当に厳しい。


匿名さん

プロフィール画像

読みながら、いつの間にか主人公の母親と一緒に引きこもりとなってしまった少年を自然と応援していました。学校へ行けないのには行けないなりの理由があるし、素直で優しい子、繊細な子ほどつまずいてしまうのかも。現実には、この漫画のように上手くいかないケースも多いでしょうし、家族や出会いなど色々恵まれたからこそでしょうが、子どもに対する向き合い方についてのヒントが散りばめられていたように思うし、希望の持てる作品だと思いました。


読んでみたい方はタップして下さい

≫≫青い鳥どこへ…を読む



こちらのコミックもおすすめ

離婚請負人 沙樹

青い鳥どこへ…の画像です。

高中沙樹、27歳彼女は離婚したくてもできない女性のために現代版縁切り寺の役割をしてくれる離婚請負人金でかわれた女性のある生活は!?


ころばぬ魔法の杖

青い鳥どこへ…の画像です。

世が世なら子爵の家柄という旧家に嫁いだ撫子姑や小姑にいじめられる辛い日々が続くそして、あろうことか撫子をある策略に陥れようとするが、それが思ってもみない結果に──現代のシンデレラ・ストーリー! 舞闕?ルか「山茶花の垣」を収録


月光のかけら

青い鳥どこへ…の画像です。

志帆(しほ)はジュエリー工房を開店したばかりの宝石デザイナー恋人の勇司(ゆうじ)は、水晶を求めて世界中を旅する冒険家ある日、幻の水晶「月光のかけら」発見の情報が届き、勇司は紛争地の南米、グランビアに旅立つが、行方不明に! 彼を追って入国した志帆は、そこでルポライター槙(まき)と出会い、足取りを辿るが…


アソコのプロジェクト

青い鳥どこへ…の画像です。

もっと気持ちよくなりたい? アダルトショップ店長の万寺るみ子の夢はアダルトグッズで特許をとること! ビッチな女店長とムッツリ腐女子がラブグッズをセレクトします! 萌えエロ4コマ♪


あなた別れなさい!

青い鳥どこへ…の画像です。

羽田翔子(はねだしょうこ)はお台場にあるヴィーナスフォートの結婚相談所に勤める結婚カウンセラー恋の天才、翔子はさまざまなカップルの問題を解決……!?


青い鳥どこへ…や、他の作品を読んでみる

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトルを入れて検索して下さい。


このページの先頭へ